hitsmanのブログ

糸島で一応100キロウォーカーにはなったんですが…

今日はこれぐらいで

私も一応100キロウォーカー。大会の時には寝ずに歩く、しかし仕事の朝は眠い、あー寝

「昨日、早よ寝よったやん?あっ!でも寝つきは絶対私の方が早かったき!」わかっているよ、のび太君、君が寝床に入ったら0.3秒でスースー言う事を、それにしても朝から挑戦状かー?とりあえずバリスタでコーヒー飲むか〜うーむ。いつもいい匂いだ、私はこの匂いをひと嗅ぎしてから、低脂肪乳を少し入れて飲む、私のルーティーンだ。ブルートゥースでポチッとしたら、あなたの現在のポイント2050ポイントと出た!鼻高く言うと「私の半分やん!4700ポイントぐらいあるばい」背中を向けた嫁が勝ち誇る。コヤツこっちは向いていないが、絶対!鼻ふくらませとる!・・・まぁ、それはさておき、朝から2敗した気分だ、このままでは仕事に行けない。よし、キノコシチューを温めよー、すると横で「中火やないと、焦げるよー!」知っているのだ、すでに中火にしてある、ふっふ、一つ取り戻したぞ。慎重に混ぜ、温めたシチュー。焦げてないどころか、抜群の温度。よし同点に戻したぞ。

「やったー‼︎アタリ〜」と嫁。顔を上げるとそこにはおっきなシメジが・・・。朝は2勝3敗だった。

仕事を終え、夕食の準備をしている。「魚焼こっ!」と嫁・・・はっはっはー!明智君、はやまったな、私がどれだけ魚を食べるのが上手いか、君も知らないではないだろう!・・・しかし鮭の切り身だった、これではあまり上手いも下手もないではないかー。しかも麹漬けの鮭、あまりの旨さに写メどころか、横からの刺客に敵意を覚える。悔しかったので嫁の残した鮭の皮と骨も食べてやった。美味かった〜まさに、あなたの命を頂きますやな!

目の前の嫁、おちょこ一杯のワインに赤ら顔

まぁ今日はこれぐらいでいいとしようかね。

翌朝、「昨日酢飲んでないやろ?」と嫁・・・心の中で飲んだし!本日も負けからスタート!

私生まれ変わっても、この人と張り合います

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。