hitsmanのブログ

糸島で一応100キロウォーカーにはなったんですが…

今日は清らかな心で・・・のはずが⁈

私も一応100キロウォーカーなんで、今日のような晴天はウキウキする。ましてや愛娘、愛孫と能古島へぷらっ旅。初めての船、初めてのバスに愛孫がどんな姿を見せてくれるのか?考えただけでも顔がニヤける。縁側でのタバコもいつもより美味い。今日だけは俺の心は綺麗になっている。頭の中も〜つきせぬ風のざわめく声が〜と井上陽水の能古島の片想いが流れる。

いつものように、出かける予定の時間が過ぎても焦らない、焦らない、こんな時間も楽しもう

渡船場にて船を待つ、土曜日ということもあって、周りには凄い人。少し戸惑いながら、そとを眺める嫁と孫、写真を撮るじーじ、荷物番の愛娘。あー幸せだー。俺は今日は清らか心だ。

アイランドパークまでのバスの運転手に感謝、途中の急カーブでよろけて私を壁がわりにした見知らぬ人に感謝。よく喋るが「私は背が高いから」と日差しをさえぎるために孫が乗っている乳母車の前にデーンと立つ係員に感謝。入り口を通過してすぐの店、孫に笑顔で話しかけるポテト売りのおばあちゃんとは、一緒に写メりたいぐらいだった。

小さく切った能古うどんを美味しそうに食べる孫。うどん粉の生産者、調理人に感謝。たまに耳に入る外国語、よ〜こそ能古島へ、住民に成り代わり感謝。少し寒かったのでコーヒーを購入。その手際の悪さも微笑ましく今日は感じること。

目の前にうつる、広大な土地に広がる満開のコスモス、まさに楽園・・・突然嫁が振り返り、写真を撮っている私に「あんた、オナラしたろ!」・・・。

この女性は一体何を言っているんだ?雲一つない青空、写真を撮る人、取られる人、たくさんの人がこの美しい光景の中で楽しんでいる中でオナラって!たしかに私はかがんでいる、いや、かがんでいる人なんて一体何人いるかわからないくらいだ。だいたい、周りに何人もいる。

ははーん、自分の屁をごまかしたな。「お前やろー」私の清らかな心も、ここまでだった。

アイランドパーク内のヤギを真剣に撮る人、ウエストポーチに「めい」って!

自宅に戻り、写真を見直す。今夜までは少し清い心が能古りそうだ。

ブログを書き終わりトイレへ、「手洗ってね」と嫁の声。

私、生まれ変わったら清い人間になります。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。