hitsmanのブログ

糸島で一応100キロウォーカーにはなったんですが…

笑顔の遺伝子

私も一応100キロウォーカーなんで、アンパンが好きだ。という事で、アンパンマンミュージアムに行く事にした。

お出かけするのを察知したのか?、愛孫も「うー!うー!」と興奮しながら歩き回っている。嫁も愛孫とのお出かけに興奮してるのだろう、「うー!うーって、ジミー小西か!」と笑顔でツッコミを入れる・・・ただ、我が嫁よ、それはジミー大西だ!小西って弟か?と笑顔で去って行った嫁に心でツッコム私。

「よしよし」と可愛がる愛孫、我ながらナイスアングルだ。今日はいい写真がいっぱいになるだろう。うー興奮だー!よし、次だ!愛孫を抱え、白くて大きなたまごに「よしよし」笑顔の愛孫・・・するとその「しろたまご」がニョキっと立ち上がり、こっちを向いた〜!

骨のワルモノだー!愛孫、凍りつく!

いろんなアミューズメントで、いろんな顔を見せてくれる。次はアンパンマン工場へ行くぞ!沢山のキャラ顔に興味津々!これはチャーンス、シャッターチャンスだ。

急いで携帯をカメラモードに、今だ!とボタンを押そうとすると、右から黒いカーテン?すると今度は、左から黒いカーテン?なんだ?と顔を上げると・・・

ケツ〜〜!親子の2ケツ〜〜

どうせいつもの、笑顔でペチャクチャ「可愛い〜〜ヤーン」とか「バリい〜〜ヤーン」とか2人でペチャクチャペチャクチャだろう・・・。

愛孫よ、きっとあなたも、この笑顔ペチャクチャを受け継いでいるのだろう・・・。

ここでちょっとひと息ブレイクタイム、嫁が笑顔で「このフルーツ屋のコーヒー美味しいよ」と私に差し出す。

・・・おしい、非常におしい、我が嫁よ「フルーツ島だ!」そして「ジュース屋だ!」

さて問題のアンパンマンショーの始まりです。遠くに見える愛孫お気に入りのドキンちゃんに笑顔で指をさす。近づくにつれて、デカイ顔に細い体、この赤線は超えられなかったけど、愛孫よ大丈夫!あなたのママも泣き崩れていたから、あなたよりも怖がっていたよ。多分今も?

しかし、Rの女戦士には、はしゃぎまくる!



その後も疲れ知らずの怪獣っぷり


博多リバレインを出て駐車場へ!親子2代の笑顔でペチャクチャが鳴り響きます。「けっこう遊んだヤーン、着ぐるみは想定内やね!」


私、生まれ変わったらペチャクチャになります


立体駐車場に着くと・・・

嫁「勝手に上がってくるんやね」

・・・我が嫁よ車は勝手に上がって来ない、何の為に、このオイさんはいるんだ!と心で語りながら運転席へ乗り込む私であった。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。