hitsmanのブログ

糸島で一応100キロウォーカーにはなったんですが…

和の心

私も一応100キロウォーカーなんで蕎麦が好きだ。

実は昨日わざと掲載しなかった一枚の写真食王さんが作って来た、可愛いらしいおにぎり、ひとつもらおうと手を出すと「私もひとつ!」と速攻で嫁!

本日昼から嫁とランチ、前々から気になってるけど、近すぎて行きそびれてた蕎麦屋へ古民家を改修した店、平日で午後1時も過ぎているのに、結構な車が止まっている。中高年齢層の奥様方、聞こえるか聞こえないかの声で蕎麦と会話を楽しんでいる。私達もいつもとは違う雰囲気に姿勢を正して料理を待つ。前菜、心を落ち着かせる料理。私も食べ終わる頃には気分は文学者。

あーそれであの人、夏目漱石風なんやな。私も今度来る時はモワモワパーカーに暖パンではなく、ジャケットに整った髭で来よう!私はざる、嫁は温。細麺十割蕎麦の喉ごしと和の心を楽しむ・・・。幾分かたち、嫁は耐えられなくなったのか「ズルッといきたいね〜」と、歌丸さんの落語の真似か?かなりの江戸っ子口調だ。ある意味、和の心?

私達はウォーキングの途中というか、食い物を目指して歩く事が多く、蕎麦屋に限らず必ず「だし巻き」を頼む!昨日もそうだが私の嫁、卵焼きマイスターにでもなるつもりか、卵焼きを見たらキラッと鷹の目に、自分の中で究極を追求しているのだろう「これは卵3個の巻き方じゃない、5個やね」そこは言われても正直私はわからない、ただ4個じゃなく5個なんだ?って思うぐらいだ!それからしばし、出汁はなんだろうか?味付けは?ここは優しい味に仕上がっているねー!とか、まぁ料理の事はわからんが、まぁ楽しい一時だ。これも夫婦の和の心?

私生まれ変わったら和の心になります

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。