hitsmanのブログ

糸島で一応100キロウォーカーにはなったんですが…

感動の再会は突然に

私も一応100キロウォーカーなんで、夜勤明けでも軽くウォーキングはする。しかーし、本日は待ちにまった愛娘、愛孫が関西から30日ぶりに、720時間ぶりに帰省してくるのだ。ただでさえ明けでテンション上がってるのに、本日は120%MAX状態だ。この日をどんだけ待ったことか、キリンになるところやった。

職場の時計をにらみつけ、一目散に自宅に戻る、嫁と食事をしながら愛娘にメール、「まだ見てないから、寝てるかも。遅くなるかもしれんき、風呂入って、少し横になっときー」

そーだ、運転が危ない!出来るだけ疲れをとろう。落ち着け!落ち着け!俺‼︎

湯舟につかり、あの愛らしい顔、声を想像しながら、感動の再会を思い浮かべる。

布団に入ると、吸い込まれる様に・・・。

「起きて、16時10分に着くちバイ!もう新幹線に乗ってる!」携帯を見ると14時を過ぎてる。「うおー!」急げ〜〜俺、そして嫁〜〜。

「この服どう?って暇も無いね〜〜」と冷静な嫁・・・こやつ中々やるな!

車を走らせ、バイパスを越え、孫のリンゴジュース持って来てない事を思い出し、セブンにより、ついでに自分達のおにぎりと飲み物購入、あー俺の計画では、駅でランチかカフェで愛娘、愛孫の顔を思い浮かべながら「寝てるやろか?遊びよるやろか?俺らのこと覚えてるやろかetc...」そんな待つ幸せな時間を過ごすはずやったんにー。とにかく急げ!いや、急ぐな時間はある。いや、この前も駐車待ち30分かかった!急げ!急ぐな俺、この前も一旦停止で捕まったヤロ!

焦る気持ちも取り越し苦労で30前に到着。待合室にてホット一息

10分前にホームに行き、余裕の一服!

愛娘からのメール「ついたよー」???

「えー!ホーム間違えた?」確かに隣のホームに新幹線はついたけどー?」

再び愛娘からのメール「もうすぐ着くよ」

「・・・ふぅー」

むこうからキラキラと新幹線が入ってきた、1つ2つ3つ、4~っつ、きた〜5つ目の車両、降りてくる人を見る、窓の中の人を見る、・・・いっいない?「おい、おらんぞ、間違えたんかなー?」と横の嫁に話すと・・・⁈なにー、向こうですでに愛孫を抱いている〜俺の感動の再会は〜〜

ダッシュで近寄り、愛孫を抱く、寝ていたのか少し不機嫌だが泣かない、以前と違って覚えていてくれたんやなぁ、このプニプニ感最高。

自宅での道中、すやすや寝顔。私のプランのなんと意味のなかった事を思う。


私、生まれ変わっても、この子のじーじでありますよーに!

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。