hitsmanのブログ

糸島で一応100キロウォーカーにはなったんですが…

来年の約束

私も一応100キロウォーカーなんで疲れる

最初に言わせて下さい!別に能古島一周ウォーキング大会を舐めている訳では無い。ウォーキング前に腹ごしらえ、別に舐めている訳では無い本当に舐めている訳では無い目的は達成した。

さぁーて、開会式!主催者のスッッッゴク丁寧な挨拶と、さすが良い声、元TVマンの市長の挨拶(明日が市長選なんで、まぁ〜とりあえずブログは明日以降にするか)を終え!いざ出陣!楽しみだった、博多弁ラジオ体操が無かったので急いでアキレスを伸ばした。今年は750名(900名応募)、1番早いグループで出発した。私も一応100キロウォーカーなんで、気合いの格好。嫁は「あちー!」と言い、キャッツアイ見たいな黒いものを既に脱いでいた。

一周8.5キロっていうのが、なんとなくやりやすいって感じなのか?中には重たそうなジーパンを履いてる課長ぐらいの男性、金色のスカートを振り乱しながら突進して行く女性・・・知らんぞー!歩いてまだ1キロもたっていないぐらいから上り坂になるんです。途中「もう2キロやん、へいたんやったら後1時間ちょいやねー」と嫁に言うと「私知ってるんバイ、これからもっと坂が急になるのを!慰めても無駄バイ」と、これから訪れる恐怖と戦っていた。まぁ実際半分以上はウォーキングというより山登り感覚こんなに良い景色も「綺麗ねー」と途中から誰も言わなくなる、前を歩く仲が良さげな夫婦、奥さんが「私は登りの方が得意」と言い、夫を置き去りにして一人で行ってしまった・・・無言な夫・・・無残。

なんとか登り坂を制覇し私の苦手な下り坂、膝を少し痛めている上に昨日の雨で所々滑りやすくなっている。逆に下りが得意な嫁は余裕が出来たのか「大丈夫ね?」と気遣ってくれる・・・無残な夫にならずに済んだ。とりあえず足元、膝に細心の注意を払って慎重に歩く・・?「ふあぁ〜〜」と横の嫁がアクビ?ブログねたにと突っ込まなかったが、なんでやねん!

すると今度は「ブー!」・・・コヤツ‼︎身も心も緊張感が無くなったのかぁー?・・・アッ!すまん、すまん後ろの人のダウンジャケットのチャックを上げる音やった。

ゴール後、渡船場で一息「能古島ウォーキングは8割は出発前の食べ物で2割はこれやね、だからやめられんね」そこに「ウォーキング」と言う言葉は存在しなかったが、来年も参加という約束は、自ずと出来た。

私、生まれ変わったても毎年この人と能古島ウォーキングに参加します私、来年も帰りにこの人と「お疲れさん会」します

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。